濡れ性の改善(親水性の向上)

プラズマを用いた濡れ性の改善(親水性の向上)について

濡れ性の改善(親水性の向上)の仕組み

濡れ性の改善(親水性の向上)の仕組み

素材表面に親水基を構築し、濡れ性を改善

【手法】

樹脂、または金属表面に対し酸素プラズマを用いて、水との親和性を向上させる効果を付与させます。親水性を向上させる効果としては下記の内容があります。

・親水性官能基の付与
・表面の粗化
・電位的不安定面の形成
・未結合手の形成

【特徴】

材料にはそれぞれ、水との相性がありますが、濡れ性改善プロセスは、強制的に水との親和力を増加させ、濡れ性を向上させます。一般的に水との相性の良くないもの(例:フッ素系樹脂、シリコン系樹脂など)に対しても、強力なマイクロ波プラズマを照射することで濡れ性改善の効果を与えることが可能です。

用途紹介

  • めっきなどの密着度向上
  • 微細部分のウェット工程の前処理
  • 複合材料の表面状態均一化

素材別濡れ性の改善実績

  • 樹脂材料
    PET、PEEK、PMA、ABS、PMMA、PC(ポリカーボネート)、PP(ポリプロピレン)、
    LCP(液晶ポリマー)、PI(ポリイミド)、ポリスチレン、ポリエチレン
  • 金属
    SUS、Al、Cu、Ti
  • 無機材料
    ガラス、Si

素材別 濡れ性改善事例紹介

ポリイミドに対する濡れ性の改善

処理前 処理前
処理後 処理後

プラズマを照射した結果、水滴の接触角が68degから10deg以下になり、濡れ性が改善されました。

液晶ポリマーに対する濡れ性の改善

処理前 処理前
処理後処理後

プラズマを照射した結果、水滴の接触角が78degから10deg以下になり、濡れ性が改善されました。

フッ素樹脂に対する濡れ性の改善

処理前 処理前
処理後処理後

プラズマを照射した結果、水滴の接触角が92degから48deg以下になり、濡れ性が改善されました。

SUS304に対する濡れ性の改善

処理前 処理前
処理後処理後

プラズマを照射した結果、水滴の接触角が80degから10deg以下になり、濡れ性が改善されました。

プラズマプロセス ニッシンプラズマの特徴 『装置メーカー』だからできる技術 高周波プラズマとマイクロ波プラズマの違い
企業情報
環境への取り組み
ISOへの取り組み
用語集
サイトマップ

プラズマに関するお問い合わせについて、
2018年5月末まで停止させて頂いております。
ご迷惑おかけ致しますが、
何卒宜しくお願い申し上げます。

プラズマに関するお問い合わせ

プラズマ処理、プラズマ発生装置による表面処理なら株式会社ニッシンまでお問い合わせください。
有償サンプル処理も承っております。"プラズマ"の効果を是非ご利用ください。

TEL 045-932-2061

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。

プラズマに関するお問い合わせフォーム
マイクロ波機器に関するお問い合わせ

発振器・整合器・導波管、その他マイクロ波関連製品のご相談は株式会社ニッシンまでお問い合わせください。

TEL 045-640-6121

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

マイクロ波に関するお問い合わせフォーム
マイクロ波加熱ソリューションに関するお問い合わせ

マイクロ波加熱のご相談は株式会社ニッシンまでお問い合わせください。

TEL 0797-76-2791

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

マイクロ波加熱ソリューションに関するお問い合わせフォーム
その他製品・開発事業へのお問い合わせ(本社)

その他株式会社ニッシンへのお問い合わせは
こちらからお願いします。

TEL 0797-72-0401

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

その他お問い合わせフォーム
このページの先頭へ