撥水性向上

ニッシンのプラズマ応用ソリューション

プラズマを用いた撥水性向上処理について

材料表面にフッ素加工を施し、撥水化を実現

材料表面にフッ素系のプラズマにてフッ素膜をコーティングすることで、撥水性を向上させます。

樹脂、金属、ガラスなど、様々な材料表面に撥水性を付与させることができます。

材料表面にフッ素加工を施し、撥水化を実現

ニッシンの撥水性向上処理の特徴

その他撥水加工手法(塗膜コーティングなど)と比較し、ニッシンプラズマでは以下の強み/弱みがあります。

強み

  • 非常に薄い膜を形成することができます。

    ※表面の凹凸を大きく変化させずに対応可能です。
    ※バルク材料の特性(物性)を変えずに最表層の性質のみ変化可能です。

  • 低温(常温~60℃程度)での加工が可能です。

    ※処理対象物による

  • 母材種を問わず、撥水化が可能です。

弱み

  • 母材との密着力が得られず、剥がれやすい場合があります。

  • 膜厚が薄いため、膜が摩耗する用途には不向きです。

  • 真空チャンバ(処理室)に入るサイズにしか対応できません。

    (500mm×500mm程度 ※機種による)

プラズマを用いた撥水性向上処理の主な用途について

  • 防水加工
  • 防汚加工
  • 離型性向上
  • 吸湿防止加工
  • 流路制御

素材別撥水性向上処理実績

有機物

  • PI(ポリイミド)
  • PC(ポリカーボネイト)
  • PE(ポリエチレン)
  • PP(ポリプロピレン)
  • PMMA(アクリル)
  • PET
  • COP
  • エポキシ
  • PSR
  • ABS
  • 炭素繊維
  • 革製品

金属

  • SUS
  • Ni
  • Al

無機物

  • ガラス
  • Si

撥水性向上処理事例紹介

PP(ポリプロピレン)に対する撥水性向上処理

PPへ撥水性向上処理を行った結果、未処理時に87[deg.]だった水接触角が、プラズマ処理後には145[deg.]になり高い撥水性が付与されました。

処理前
PP(ポリプロピレン)に対する撥水性向上処理処理前
処理後
PP(ポリプロピレン)に対する撥水性向上処理処理後

技術のご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください

CONTACT

私達はお客様の課題を解決するために全力を尽くします。製品の選択やカスタマイズからアプリケーションのサポート、
コンサルティングから装置の設置・修理業務まで、ニッシンはあらゆるシーンでお客様をサポートいたします。

PAGE TOP