ナノ粒子合成マイクロ波加熱を用いたソリューション事例

ニッシンのマイクロ波加熱ソリューション

プロセス 液中での化学反応促進
お客様の問題・要望 金属容器内に入った溶媒の内部にマイクロ波を直接伝送したい。
使用を重ねると窓材にナノ粒子が付着し、マイクロ波が伝送できなくなる。
マイクロ波の反射を減らして加熱効率を上げたい。
溶媒の種類を変更して使用したい。
ニッシンソリューション 溶媒に挿入して使用する挿入式マイクロ波アンテナを設計、複数アンテナを挿入して溶媒内部から加熱。
窓材には耐薬品性が高いテフロン材を用い、交換が容易な構造。
加熱炉内壁は耐薬品性のコーティング。
溶媒の物性(誘電損率)に最適形状な窓・アンテナを設計、溶媒を変更した場合はアンテナを取換え。
ニッシンテクノロジー 誘電率測定
電磁界シミュレーション
マイクロ波制御技術
液中アンテナ技術
高周波回路技術
ナノ粒子合成

技術のご相談やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください

CONTACT

私達はお客様の課題を解決するために全力を尽くします。製品の選択やカスタマイズからアプリケーションのサポート、
コンサルティングから装置の設置・修理業務まで、ニッシンはあらゆるシーンでお客様をサポートいたします。

PAGE TOP