密着性向上

プラズマを用いた密着性向上処理について

密着性向上の仕組み

化学的に密着力に寄与する官能基を付与

【手法】

物理的な表面形状におおよそ変化はなく、主に化学的な要素(官能基の付与)により密着力の高い表面を作ります。

【特徴】

従来のプラズマでは密着改善が困難だった材料表面へも、ニッシンのマイクロ波プラズマ表面改質では密着を可能とします。また、安全に取り扱う事が可能であるため、薬液処理など危険性が高い加工でお困りの方にも代替プロセスとしてご提案致します。

用途紹介

  • フッ素系樹脂 - めっき間の密着力向上
  • 難接着樹脂 - 接着材間の密着力向上
  • ポリイミド - めっき間の密着力向上
  • 低粗度面 - 塗膜間の密着力向上

素材別濡れ性の改善実績

  • 有機物
    PET、PI(ポリイミド)、フッ素系樹脂(PTFE、PFA、FEP)、PEEK、エポキシ、COP
  • 金属
    Cu
  • 無機物
    ガラス、Si

プラズマによる密着性向上、表面改質の改善事例

密着性向上の適用例

適用例:PTFE-液状レジスト間の密着性向上

処理無し処理無し
⇒
処理有り 処理有り

クロスカット試験により、密着性の大幅な増加が確認されました。
PTFEなどの密着力の低いフッ素系樹脂においても、高い密着性が得られます。

適用例:PTFE上への無電解銅めっきの密着強度向上(ダイレクトめっき)

処理無し処理無し
⇒
処理有り 処理有り
適用例:配線形成 基材:PTFE、配線形成:銅めっき、配線幅:L/S=50/50μm

表面自由エネルギーが低く密着性の乏しいPTFEにおいても、プラズマにて表面改質することでめっきとの密着性を向上させることも可能です。

適用例:難接着材料-接着剤間の密着強度向上

※一般的なエポキシ系接着剤による結果であり、密着強度の絶対値は接着剤により変動します。
増加率をご参考下さい。

適用例:難接着材料-接着剤間の密着強度向上 材料接着イメージ
プラズマプロセス ニッシンプラズマの特徴 『装置メーカー』だからできる技術 高周波プラズマとマイクロ波プラズマの違い
企業情報
環境への取り組み
ISOへの取り組み
用語集
サイトマップ
プラズマに関するお問い合わせ

プラズマ処理、プラズマ発生装置による表面処理なら株式会社ニッシンまでお問い合わせください。
有償サンプル処理も承っております。"プラズマ"の効果を是非ご利用ください。

TEL 045-932-2061

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。

プラズマに関するお問い合わせフォーム
マイクロ波機器に関するお問い合わせ

発振器・整合器・導波管、その他マイクロ波関連製品のご相談は株式会社ニッシンまでお問い合わせください。

TEL 045-640-6121

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

マイクロ波に関するお問い合わせフォーム
マイクロ波加熱ソリューションに関するお問い合わせ

マイクロ波加熱のご相談は株式会社ニッシンまでお問い合わせください。

TEL 0797-76-2791

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

マイクロ波加熱ソリューションに関するお問い合わせフォーム
その他製品・開発事業へのお問い合わせ(本社)

その他株式会社ニッシンへのお問い合わせは
こちらからお願いします。

TEL 0797-72-0401

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

その他お問い合わせフォーム
このページの先頭へ