撥水加工

プラズマを用いた撥水加工について

撥水加工の仕組み

撥水加工の仕組み

素材表面にフッ素加工を施し、撥水化を実現

【手法】

金属や樹脂表面にフッ素系のガスを用いたプラズマを照射することで、対象物表面にフッ素コートを行うことができ、撥水加工が可能です。

【強み/弱み】

塗膜コート等のその他撥水加工手法と比較し、ニッシンプラズマでは以下の強み/弱みがあります。

強み弱み
  • 非常に薄い膜を形成することができます。
    ※表面の凹凸を大きく変化させずに対応可能です。
    ※バルク材料の特性(物性)を変えずに最表層の性質のみ変化可能です。
  • 低温(常温〜60℃程度)での加工可能です。
    ※処理対象物による
  • 母材種を問わず、撥水化が可能です。
  • 母材との密着力が得られず、剥がれやすい場合がある。
  • 膜厚が薄いため、膜が摩耗する用途には不向き。
  • 真空チャンバ(処理室)に入るサイズにしか対応できない。
    (500mm×500mm程度 ※機種による)

用途紹介

  • 素材の防水処理
  • 流路の制御
  • 液滴の保持

素材別撥水加工実績

  • 樹脂材料
    PP(ポリプロピレン)、PMMA、ポリカーボネート、ポリスチレン
  • 金属
    SUS、Al、Cu
  • 無機材料
    ガラス

素材別 撥水加工事例紹介

PP(ポリプロピレン)に対する撥水加工

処理前 処理前
プラズマ照射時間10[sec]
処理後 処理後

プラズマを照射した結果、水滴の接触角が60degから94deg以下になり、撥水性が改善されました。

プラズマプロセス ニッシンプラズマの特徴 『装置メーカー』だからできる技術 高周波プラズマとマイクロ波プラズマの違い
企業情報
環境への取り組み
ISOへの取り組み
用語集
サイトマップ

プラズマに関するお問い合わせについて、
2018年5月末まで停止させて頂いております。
ご迷惑おかけ致しますが、
何卒宜しくお願い申し上げます。

プラズマに関するお問い合わせ

プラズマ処理、プラズマ発生装置による表面処理なら株式会社ニッシンまでお問い合わせください。
有償サンプル処理も承っております。"プラズマ"の効果を是非ご利用ください。

TEL 045-932-2061

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。

プラズマに関するお問い合わせフォーム
マイクロ波機器に関するお問い合わせ

発振器・整合器・導波管、その他マイクロ波関連製品のご相談は株式会社ニッシンまでお問い合わせください。

TEL 045-640-6121

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

マイクロ波に関するお問い合わせフォーム
マイクロ波加熱ソリューションに関するお問い合わせ

マイクロ波加熱のご相談は株式会社ニッシンまでお問い合わせください。

TEL 0797-76-2791

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

マイクロ波加熱ソリューションに関するお問い合わせフォーム
その他製品・開発事業へのお問い合わせ(本社)

その他株式会社ニッシンへのお問い合わせは
こちらからお願いします。

TEL 0797-72-0401

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

その他お問い合わせフォーム
このページの先頭へ